2015年11月08日

攻殻CTFに行ってきました。

とりあえず、結果:

本人はほとんど自覚がない(というかただひたすらに問題を解いていただけ)なので、最後の方でスコアボードみて「?!」ってなりました。

そして2位以降のひとたちと点差がそこまでなかったので、割と焦りました。

勝算はほぼないとおもっていたのでびっくりですよ。本当に。


問題を解いた感想としては、意外とバイナリって怖くないなw という。。。
これまでバイナリ問は見かけたら全力で逃げるというプレイをしていた(主にWebとNWと、たまにCryptを解く程度)のですが、それだと点数取れないのでとりあえずバイナリエディタで開いてみたら普通にflagが書いてあったので、きっと手加減してくださったのだろうなあと思ってはいます。でもこれを機にバイナリへの苦手意識もなくしていきたいところ。仕事で一切触らない領域なので。

あとWebの300点問題が取れなかったのがわりとショックというか悔しいですね。
仕事でわりとよく書いてるはずの、JavaScriptの問題だったので、頑張れば解けたんでしょうけど、時間と体力が持ちませんでしたああああああ><
それ以外のWeb問はわりと親切な問題……のはずが初速が遅すぎて先制点取られてましたね。というか一度も先制点取れなかったですね。ぐすん。

神戸ITフェスティバルの会場でやっていたせいか、けっこういろいろな人がいたのが印象的でした。
別会場でスコアボードっていうかアマテラス零の画面を同時中継していたらしく(しかも解説の人っぽい人がいたらしい)、ちょっと恥ずかしかったです。
あとセグウェイに乗りたかったです。
ちなみに大会会場は青っぽい照明で、良くも悪くも集中しやすい環境でした(ある程度暗い方が集中できるっぽい)
でも表彰式&懇親会(スイーツおいしかった!!!!)のときには明るかったので、なんでだろうとおもったら、蛍光灯に青系のフィルム貼ってたみたいですねw

しばらく名札は飾っておこう。。。。
ファイル 2015-11-08 17 04 39.jpeg

ちなみに今回のCTFは「日本初の女性限定CTF」ということらしく。
自分、今回初めて知ったのですが、海外では女性限定のCTF大会もあるらしいですね。びっくりです。(韓国の「The Power of XX」とか台湾の「HITCON GIRLS」とか)
そういう「日本初」の場に参加できたこと、そして何を思ったか優勝してしまったこと、非常に嬉しく思います。
久しぶりに会う人たちもいて、楽しかったです。
一番良いのは「○○ Girls」とか「○○女子部」という枠を吹き飛ばせるくらい、つよい女性の割合が増えることなんでしょうけど、まあ、絶対数が少ない、とか、仕事でコードは書くけどそれ以外では全く興味がありません、とか、いろいろあって厳しいんだろうなあ。という印象があります。というかこの辺に関してはいいたいこといっぱいあるんですけど、まあいつかどこかで書く機会があれば。
まあ、IT系の勉強会や競技会に行って、男性が多い中に女性がちょっとだけいる、って、こっちからすると結構目立って嫌なんですよね。だから今回は非常にいごこちがよかったです。(結局目立つことになってしまったけど)

そういう真面目な話はおいといて。とにかく楽しかった! コレに尽きます。
またしばらくCTFの世界からは遠のくことになるかなあと思っていたのですが、そうもいかなくなったような感じがしています(ぶっちゃけ仕事次第ではありますが)

今回、WriteUpは書かないでねー、とのことだったので、問題に関しては何もかけません><
ForensicsとBinaryのWriteUp書いてくれる人がいたらすげえ嬉しかったんですけどぬー。作問者からのヒント集とかもらえたら凄く嬉しいかも知れない・・・(無茶を承知で言ってみる)

あ、そうそう、なんかプロとかつよいとかなんとかかんとかいわれてますけど、本職はただのWeb系エンジニアなのでそこはお間違いなきよう。

posted by Dahlia* at 17:08| Comment(0) | CTFまわり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: