2014年09月25日

bashからzshに乗り換えた話

やっと気合いを入れてzshに乗り換えた。そのメモ。

@とりあえずzshを落としてくる
brew info zsh #とりあえず何者かくらい把握しておけって話
brew install zsh
先にbrew updateしておいた方が良いかも。エラー吐いたので対応。→Homebrewのアップデート(brew update)でエラーが出た場合の対処法 - HAM MEDIA MEMO
Aログインシェルを変える
さっき落としてきたzshのPATHを書き加える。homebrewは /usr/local/bin 以下にシンボリックリンクを張ってくるらしい。で、今後使うシェル(つまりさっき落としてきたzsh)の場所を教えてあげる必要があると。
vi /etc/shells #べつにemacsでもnanoでもいいとおもう
開いたら一番下に書き加える。
/usr/local/bin/zsh
保存したら、シェルを切り替える。
chsh -s /usr/local/bin/zsh
パスワードを要求されるので、入力すればOK。

Bいろいろ書く
bash使ってた頃に.bash_profileや.bashrcに書き込みしてた分があるので、それはそれぞれ.zprofileや.zshrcに書き加えておく。
ついでに、少し凝った zshrcを拝借して、.zshrcに書き込む。ただし私はEmacsユーザではないので、Emacsキーバインドは外した。(わしゃVimは使ったことあるけど、Emacsはほとんど使ったことないんじゃ)
で、書き終わったら source ~/.zshrc して設定ファイルを読み直すなり、ターミナル再起動するなりすればいいんじゃないかな。

C便利そうなモノぶっ込む
zsh-completions なるものがあるらしい。非標準コマンドでもいい感じにしてくれるらしい。なので突っ込む。
インストールはHomebrewから一発で。
brew install zsh-completions
でもって、~/.zshrc にごにょっと書き込む。
fpath=(path/to/zsh-completions/src $fpath)
さらに、やれって言われたのでやる。
rm -f ~/.zcompdump; compinit
そして source ~/.zshrc すればできるよー。
たとえばadb使える状態でadb (半角スペース) ってしたあとにtabキー押すと感動できる。わりとやばい。

D寄り道
前にrvmインストールしてたけどrbenvに移行しちゃったので要らなくなってた。けどなぜか消してなかったのでその辺の処理。
rvm seppuku
切腹して頂いた。

あとは.zshrcや.bashrc、.bash_profile等に書いてあるrvm関係のモノをゴッソリ消せばおk。エラーも吐かなくなるはずです。

F参考にしたページ。
タグ:Mac
posted by Dahlia* at 02:30| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: